読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いち と まんまる と。

東京からアメリカに越して来ました。夫と私と息子、3人暮らしの日々です。

1歳8ヶ月、バイリンガルの息子の語彙力。

我が家は息子が産まれてから、バイリンガル育児をしています。

ichi-manmaru.hatenablog.com

息子が1歳4ヶ月までは日本、その後アメリカに越して来ました。

 

基本的に、我が家はひと親ひと言語方針です。

夫 ↔︎ 息子 英語
私 ↔︎ 息子 日本語
夫 ↔︎ 私 日本語

 

言葉は本当に個人差が大きいとも聞くので、バイリンガルだから、と言うことは関係ないかもしれませんが、アメリカで1歳半健診を受けた際に感じたことがあります。

 

「単語はどれくらい出てる?」と先生に聞かれ、

「擬音語のようなものや言葉の頭文字を話すくらいで単語らしいものは…」と答えに迷い、考えていると、

「家庭ではバイリンガル?」「じゃぁ、そんなものだね〜」と先生。言葉に関しての質問は以上でした。

 

このやり取りで、モノリンガルの子はもっと話せるんだろうな〜、と言う印象を私は持ちました。日本の健診はどうなんでしょう?指差しや積み木、などはよくネットでも話題になっていますが、単語数も聞かれるのかな??

 

そんな息子も1歳8ヶ月になり、少しづつ言葉にできることが増え、会話もますます楽しいです。ほぼ彼の言語なので、まともな単語は少ないのですが、ざっくりまとめてみます。息子は相手が誰であれ、彼の語彙全てを使って話します。 

 

英語

「dada」「mama」は誰にでも分かってもらえると思います。あとは「I do」「garage」などもなんとか分かる範囲かな。

アルファベットは「g」「p」「z」。発音がフォニックスに近いとでも言うのか、gは「グワッ」、pは「パパ」、zは「ザザ」といった感じです。

「p」はパーシー(トーマスの仲間)、緑(パーシーの色)、パスタ、パンケーキ、ピザ、飛行機、pで始まるもの、「z」はズッキーニです。

apple」も「アパ」となんとなく喋っている風。

「a bus」「a button」 「a banana」これは全部「アバ」なので何を言ってるのか聞き分けるのが難しいです。“a”を付けて覚える、と言う感覚がすごいなー、と思いました。

 

日本語

「だいだい」が日本語で1番の単語でした。オレンジ色のもの、人参、を意味してます。

「パン」はパン、パンプディング、パンツ、パンパース、パンダ、幅広いです。

数字は「1」「3」「5」が言えるようになりました。

「おふろ」と「おはな」は親じゃないと聞き取れないかも…。似たような発音をします。

「パ(プリ)カ」「まめ」は好きな食べ物なので、おかわりがしたくて言えるようになりました。パプリカはほとんど「パカ」です。

「かか」は階段、カレー、かぼちゃ、です。

「まんまる」丸、月(どんな形でも)、お日様、めがね。

「あっち」もよく言います。

 

擬音語

断トツで多いです。

「ぶるんぶるん」車、自転車。

「しゃー」シャワー、トイレ、噴水など水が出るもの。

「ぼん」ボール、何かを落とした時、ぶつかった時。

「わん」犬。たまに犬以外の動物でも。

「んーんー」消防車、赤。

「とぅとぅん」段差。

「わーわー」タイヤ、洗濯機、観覧車、ネジ、などクルクル動くもの。

「ごー」トンネル。

「しゅーん」滑り台、椅子やベビーカーから降りたい時。

「ぽっぽ」時計(鳩時計以外も)。

「てけてけてけ」でこぼこ。

「ぱっかん」おもちゃの卵を割る。

「ぱっちん」自転車のヘルメットを付ける。

同じ擬音語で、どんどん意味を増やしていくので、意味を汲み取るのが大変です。

 

ベイビーサイン

私自身が覚えきれず、教えてあげられなかったので少ないです。原型をとどめていないものも多く、ほぼ息子オリジナルです。

「もっと」「美味しい」「みかん」「ありがとう」「お腹が空いた」「かわいい」「シール」などを伝えられます。

 

息子と同じ月齢で、2語文を話す、歌う、なんて聞くと、すごいなー、と思いつつ、3歳まで話さなかった、と言う話も聞くいので、本当に個人差が大きいんだなぁ、と思っています。

よだれの多い子は口がまだ上手く使えていない=言葉も遅め、とも聞いたことがあるのですがどうなんでしょう?息子は今でもよだれかけが欠かせません!

バイリンガルマルチリンガルは話し始めるまでに時間はかかる、話し始めると文章をスラスラと話す、ともよく聞くので、息子がどのような過程で話すようになるのか今から楽しみです。

 

f:id:ichi-manmaru:20170411142751j:plain

ショッピングカートも「かか」でした。Trader Joe'sには子供用のカートがあり、いつも息子が押してくれます。